せとうちdiary

瀬戸内アイドル STU48と乃木坂46応援日記

乃木坂46 4期生の顔見世公演「3人のプリンシパル」21日まで


  

 乃木坂46の4期生初公演となる「3人のプリンシパルが9日、東京・池袋サンシャイン劇場で開幕しました。 

 

▼乃木坂4期生

遠藤さくら、柴田柚菜、田村真佑、筒井あやめ、賀喜遥香、矢久保美緒、早川聖来、掛橋沙耶香、金川紗耶、清宮レイ、北川悠理

  

ファンの投票で決まるキャスティング参加型演劇

 

2012年にスタートした「16人のプリンシパル」がベースの舞台で歴代メンバーが経験してきた登竜門的な公演。

 

 

 1幕のオーディションでは、キャストそれぞれが演じたい役に立候補。2幕で上演される「ロミオとジュリエット」で演じる「ロミオ役」「ジュリエット役」「それ以外ぜんぶ役」の3つの椅子をかけて自分をアピールする。

 

 1幕の観客投票によるオーディションで2部の主演が決まる。実際に参加した人はわかると思うが1幕を観た観客の投票により2幕の出演者が決まる“キャスティング参加型演劇”として上演される作品。 

 

 舞台は当然素人だが、ファンが気になったメンバーをスマホ等で投票しながらメンバーを覚えていくというよく考えられた顔見世公演だ。(最初は紙による投票だった) 

   

 4月9日の初日公演では、ロミオ役を賀喜、ジュリエット役を北川、“それ以外ぜんぶ”役を早川が勝ち取ったが、2日目の3役はロミオが早川、ジュリエットが清宮、それ以外ぜんぶが金川に決まった。 

  

3人のプリンシパル2日目キャスティング

3人のプリンシパル2日目

  

※2日目

ロミオ
早川 矢久保


ジュリエット
賀喜 掛橋 北川 柴田 清宮 田村


それ以外全部
遠藤 金川 筒井

  

 メンバーは3役のせりふや演技を覚えなければならず、遠藤さくら(17)は「大変だけど乃木坂としての自覚が芽生えるし、成長したい」と意欲的。谷賢一が構成・演出を担当している。

 

 

 また第3幕となるミニライブも行われ、「ぐるぐるカーテン」「乃木坂の詩」の2曲を披露している。

 

乃木坂46の4期生初公演「3人のプリンシパル」は、本日4月9日(火)から21日(日)まで、同所にて上演。

 

 

◇記事参考

 https://tokyopopline.com/archives/114524