せとうちdiary

瀬戸内アイドル STU48と乃木坂46応援日記

乃木坂46 生田絵梨花 初主演ミュージカル『虹のプレリュード』

生田絵梨花の初主演舞台

 

生田絵梨花が巨匠・手塚治虫作品に挑んだミュージカル!


 乃木坂46生田絵梨花主演ミュージカル『虹のプレリュード』が7月6日、TBSチャンネル2でオンエアします。

 2014年10月に東京天王州・銀河劇場で上演されたミュージカルで、現在では舞台女優としても人気の生田の記念すべき初主演作になります。生田が漫画界のレジェンド手塚治虫作品に挑戦した初舞台作品です。 

 「テニスの王子様」などのミュージカル演出を手掛ける上島雪夫が演出・振付を担当し、2.5次元ミュージカル制作のネルケプランニングの松田誠がプロデュースした作品。

 ヒロインのルイズを熱演した生田は男装にも初挑戦。また、ピアノの生演奏も披露し、彼女自身がもつ繊細さや芯の強さに加え、音楽的才能といった魅力を存分に発揮している。生田の女優としての挑戦が詰まった初主演舞台。

 

 

主演の生田絵梨花

 2019年4月に菊田一夫演劇賞を受賞するなど、アイドルの枠を大きく越えて活躍する生田。

ドイツに生まれ、3歳からピアノをはじめた。5歳で帰国した後も音楽の道を歩み続けた。

6歳の時に鑑賞した『アニー』の影響でミュージカル女優を目指し始めたことは、乃木坂46ファンにはよく知られている事実。

 2014年には音楽大学への進学のため、学業を優先してグループの活動を休止。数カ月ののち本作で仕事復帰を果たしている。

 

▽記事参考

http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/a0348/

https://hominis.media/category/idol/post4155/?utm_source=OM_twitter&utm_medium=referral&utm_campaign=OM_homi

 

あらすじ

 

 舞台は19世紀のポーランド。ルイズ・コルドックは、心臓マヒで急死した兄・ルネになりすましてワルシャワ中央音楽院に入る。

 ワルシャワでルイズは、古道具屋で道を尋ねたときに、そこの店員・ヨーゼフからフレデリック・フランソワという天才青年音楽家ワルシャワ中央音楽院に在学していることを知る。音楽院でフレデリックの才能に触れたルイズは次第にフレデリックに惹かれていく。

 ある日、ルイズたちが広場で酒盛りを楽しんでいると、ロシア兵が反逆者のリストを持った者をあぶりだすためと称して、ルイズたちの身体検査を強行しようとする。

 女性であることが露見することを恐れたルイズは身体検査に頑強に抵抗するが、その時、ルイズをかばうかのように、ヨーゼフが「自分がリストを持っている」と名乗りをあげる。

 実はヨーゼフはロシアの支配からポーランドを解放するために活動するレジスタンス組織の一員だったのである。

 その夜、下宿で女性の姿に戻ってくつろいでいたルイズのもとにロシア兵に追われたヨーゼフが逃げ込んでくる。

その後もたびたびヨーゼフをかくまったルイズはヨーゼフに感化され、次第に祖国・ポーランドへの愛を自覚していく。

 

f:id:Setouchidiary:20190515165846j:plain

  

キャスト

ルイズ・コルドック役:生田絵梨花乃木坂46
ヨーゼフ役:中河内雅貴
フレデリック・フランソワ・ショパン役:中村誠治郎
イワノフ役:石井一彰
コンスタンツィア・グラドコフスカ役:フランク莉奈
オルグ役:上田悠介
ルーペク役:安崎求

 

スタッフ他

制作年 : 2014年
プロデューサー : 松田 誠
原作 : 手塚治虫
演出・振付:上島雪夫
脚本・作詞:浅井さやか
音楽:かみむら周平

 

放送日時

CS・TBSチャンネル2

7/6(土)午後8:30〜午後10:50
7/27(土)午後11:00〜深夜1:20

 

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村