せとうちdiary

瀬戸内アイドル STU48と乃木坂46応援日記

乃木坂46 NOGIZAKA46 Live in Taipei 2020 セットリスト

 

NOGIZAKA46 Live in Taipei 2020

 

 乃木坂46の台湾コンサートが、1月19日に台北市台北アリーナで開催。このツアーには1期生から4期生までの代表メンバー24人が出演、昨年に続き2回目となった台北アリーナには約1万人が集まり、そのファンを前に全26曲が披露されました。

 

 

 

 

 

 


◢ 日程:2020年1月19日(日)
◢ 会場:台北アリーナ

台北市松山区南京東路4段2号

 

出演メンバー24人

 

秋元真夏・伊藤理々杏・岩本蓮加梅澤美波・遠藤さくら・賀喜遥香北野日奈子・久保史緒里・齋藤飛鳥阪口珠美佐藤楓新内眞衣鈴木絢音高山一実・筒井あやめ・中田花奈星野みなみ堀未央奈松村沙友理山崎怜奈山下美月与田祐希渡辺みり愛和田まあや

 

 

《NOGIZAKA46 Live in Taipei 2020》

 

セットリスト

 

M00 oveture 

M01 夜明けまで強がらなくてもいい 

M02 何度目の青空か?

M03 太陽ノック

M04 裸足でSummer

M05 僕の思い込み

M06 僕のこと、知ってる?

M07 シンクロニシティ

M08 無表情

M09 言霊砲

M10 せっかちなかたつむり

M11 Threefold choice

M12 ~Do my best~じゃ意味はない

M13 ここにいる理由

M14 バレッタ

M15 気づいたら片想い

M16 君の名は希望

M17 インフルエンサー

M18 命は美しい

M19 ありがちな恋愛

M20 制服のマネキン

M21 ガールズルール

M22 ジコチューで行こう!

M23 Sing Out!


(本編終了)


EN1 ロマンスのスタート

EN2 ダンケシェーン

EN3 乃木坂の詩

  

 

 

 

乃木坂の海外戦略

 

 乃木坂46の海外戦略を振り返ってみましょう。乃木坂46が初のアジア進出を果たしたのは、2017年11月のシンガポールで開催された、約9万人動員の東南アジア最大級のJカルチャーイベント『C3 Anime Festival Asia Singapore』への出演でした。

 

翌年、2018年2月には香港で開催された『C3AFA HONG KONG 2018』に出演。

 

同じく2月には、「乃木坂46公式HPの多言語化」として、英語・中国語(簡体字繁体字)・韓国語・インドネシア語・マレー語・タイ語の7言語に対応を開始しています。

 

そして、同年12月には上海メルセデス・ベンツアリーナで初の海外単独公演を、2019年1月には台北アリーナにて台湾単独公演を開催しました。両公演の座長を務めたのは齋藤飛鳥でした。

 

今年5月には齋藤がセンターを務める23rdシングル『Sing Out!』をリリースさせ、クラップ、英語詞といったこれまでにない乃木坂46の楽曲路線に齋藤は「日本だけとは言わず、世界中で『Sing Out!』のブームが巻き起こったらいいねという願望があります」と語っている。

 

(参考:乃木坂46 齋藤飛鳥、新曲「Sing Out!」視聴会で明かした制作秘話「今までなかった楽曲の雰囲気」)

 

その思いは『真夏の全国ツアー2019』にも表れており、「Sing Out!」の演出ではフランス・パリのファンとの生中継映像がスクリーンに映し出されました。

 

10月には新番組『#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』(AbemaTV)がスタート。海外進出を意識したグループの戦略が感じ取れますね。


そして、先日の10月25日、26日には、このブログでも紹介しました上海メルセデス・ベンツアリーナでの2DAYS公演

 

その開催とリンクして東京で25万人を集めた乃木坂46のアートワーク展が乃木坂46 Artworks だいたい全部展 EXTRA』として上海で11月3日まで開催しています。

 

 

▽記事一部参考

https://realsound.jp/2019/10/post-436526.html

 

 

ブログランキングに参加しております。 
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 芸能ブログ STU48へ