せとうちdiary

瀬戸内アイドル STU48と乃木坂46応援日記

1.21キャプテンの奇跡 STU48岡田奈々が伝説を作った第3回ドラフト会議

AKB48グループ 

第3回ドラフト会議

1.21キャプテンの奇跡

 

 AKB48グループの国内6グループ(15チーム)が参加した『第3回AKB48グループドラフト会議』が21日、TOKYO DOME CITY HALLで行われ、STU48は5人の交渉権を獲得した。  

 

 

 STU48ファンには感動劇場だった。国内6番目で瀬戸内7県を中心に昨年誕生したSTU48。そのSTUファンの期待に応えて岡田奈々キャプテンが、1巡目に2チームが重複した中村舞(愛媛・18歳)と2巡目に5チームが重複した沖侑果(岡山・18歳)を引き当てた。

 

 地元出身の二人の候補者は、数少ないSTU逆指名の候補者で、STUファンも注目の候補者だった。事前のSTU48ルームのSR配信でも中村がSTUとNGTを希望として挙げていたので、47番中村を1位指名、次に単願の16番沖という順に入れるというコメントが多かった。

 

 しかし、それは早い段階で決まったものに過ぎず、最初800人程度だったフォロワー(投票する人達)が、時間が経つにつれて増えていき、最終1400人を超えるフォロワーがSTU48ルームから投票。1巡目は中村23.3%、沖は23.1%という僅差で中村がSTUの1位指名だった。

 

SHOWROOM配信のフォロワー数ランキングでもトップ10に入っていた中村舞と沖侑果には、多くのチームが競合して指名した。

 

 岡田キャプテンが引き当てた時は、STU48配信ルームは「おおおおおおおおおおおお」というコメントが巻き起こり、歓喜の渦に包まれた。 ファンとしても、どきどきハラハラの連続だった。

 

 1巡目の抽選でも泣きそうになっていたのだが、2巡目は、神がかりで5チーム競合の中からでも引き当てた。キャプテン岡田奈々が奇跡を起こした瞬間だった。 

 

f:id:Setouchidiary:20191125203654j:plain

 

 STU48は、事前の打合せ通りの順番で5人の志望者をキャプテンの力を借りて予定通り、獲ることができた。HKT48指原莉乃が狙っていた信濃宙花(14歳・兵庫)を5巡目で指名できたことも大きかった。

 

前日のリクアワではSTU48アンセムともいえる代表曲「瀬戸内の声」がベスト10どころか、まさかの31位と失速。組織力の弱さ、力不足を感じていただけに、キャプテンの頼もしい強運は、STU48ファンにとっても勇気をもらえた感動的瞬間だった。 

 

 

STU48が交渉権を得た5名

 

中村 舞(愛媛)
沖 侑果(岡山)
由良朱合(広島)
溝口亜以子(岡山)
信濃宙花(兵庫)

 

 

メディアの反応 

 

メディアでもその様子を伝えている。

 

ファンの思いに100点満点で応えたのは、ドラフト初参加の“末っ子”STU48

 

AKB48チーム4兼任の岡田奈々は今回、STU48キャプテンとして参加し、強運を発揮しまくった。1巡目で2チーム競合の中村舞(18)、2巡目では最多5チーム競合の沖侑果(18)を引き当て、しかも2回とも、くじ引きをする順番を決める予備抽選では1番を引いた。

 

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2104412/full/?ref_cd=tw_pic

 

 

あまりの引きの強さに、MCのアンタッチャブル山崎弘也は「ノッてるよね~強いね~」と興奮し、ファンは「なぁちゃん、ありがとう!」「岡田船長、神の手!」「船長ゴッドハンド」と称賛の嵐。岡山県在住の沖も「ずっとSTU48を希望していました」と指名を喜び、「会場にいる誰よりも一番古いSTUファンだと自負しているので、貢献していきたい」としっかり意気込みを語った。

 

岡田は囲み取材で「瀬戸内出身の子だったり、STU48を希望してくれている子が絶対欲しいなと思っていた」と語ったが、交渉権を獲得した5人は愛媛、岡山(2人)、広島、兵庫在住といずれも瀬戸内出身でSTU48志望。相思相愛のドラフトとなった。

 

▶引用

https://www.oricon.co.jp/news/2104412/full/?ref_cd=tw_pic

 

  

 

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ STU48へ
にほんブログ村

 

 

 

ブログランキングに参加しております。 
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m 
↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 芸能ブログ STU48へ