せとうちdiary

瀬戸内アイドル STU48と乃木坂46応援日記

AKB48Gの被災地訪問 岩手/宮城/福島《伝説の少女たちが舞い降りた》69

 

AKB48の被災地訪問活動

《伝説の少女たちが舞い降りた》69

 

21世紀の初頭、震災で傷ついた人々の心に灯りをともした少女たちがいた。 これは、その足跡の一部を記録したものです。 被災地支援活動  「誰かのためにプロジェクト」

 

AKBグループは2011年3月11日の震災直後に、 誰かのためにプロジェクトを立ち上げました。

 

そして、現在でも継続して被災地を訪問しています。 トップアイドルたちを過密日程の中、時間をこじ開けて被災地の皆さんの前へ連れて行く、 スタッフや関係者にも頭が下がります。

 

 このプロジェクトで集まった義援金は約13億円を突破しています。 AKB48グループでは、それ以外にも通園・通学の送迎用車輌を寄贈していますが、そんな事よりも笑顔と笑顔を繋ぐ地道なこうした取り組みを大事にしているところが素晴らしいと思います。

 

AKB48とそのスタッフが手弁当で行っている支援活動「誰かのためにプロジェクト」

 

69回目の今回は、岩手県大槌町宮城県石巻市福島県南相馬市。 メンバーは下記です。

 

 

東日本大震災から8年「ともに未来へ」

 

■3月2日(土)14時半開演

 

 

岩手県大槌町文化交流センター(おしゃっち)

 

柏木由紀込山榛香佐藤七海

向井地美音、末永桜花、荻野由佳

 

宮城県石巻市河南農村改善センター

 

小栗有以、高橋朱里村山彩希

山内端葵、横山由依山本彩

 

福島県南相馬市小高生涯学習センター(浮舟文化会館)

 

岡田奈々、岡部麟、小嶋真子

峯岸みなみ本村碧唯瀧野由美子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

このブログでも毎回紹介していますが、震災直後の2011年5月から岩手県大槌町、山田町を皮切りに被災地訪問を続けています。

  

毎年3月には、AKB48SKE48NMB48HKT48の各劇場で無料の「復興支援特別公演」が行われています。

 

会場が確保できない被災地のことを考慮して自前のトラックをステージに見立てたミニライブや握手会、クリスマスイベントなどを開催しています。

 

「誰かのために」プロジェクト

AKB48「誰かのために」プロジェクトのWebサイトです。